諏訪はひとつに向情心委員会 基本方針

 私たち諏訪圏青年会議所は、「地域に頼られる団体」であり続けるために各部会にて地域に根差した活動を行ってまいりました。諏訪圏青年会議所が、今後より広域のまちづくりに携わっていくためには、メンバー全体がひとつになり諏訪圏域の事業や活動に協力することが、私たちには必要なのではないでしょうか。
 今年度当委員会では諏訪圏青年会議所の20周年を機に、先輩方の想いである諏訪はひとつの心をもう一度見つめ直し、新たな手法を模索します。近年まで行われてきた各部会による各地域への協力ではなく、メンバー全員が諏訪圏域全体の事業や活動に参加するという新たな運動を行ってまいります。メンバー全員が諏訪圏域全体の事業や活動を認識し携わり、個々の視野が広がることで、地域と広域との連携の輪が広がり、諏訪圏域全体の発展へと繋がると信じます。それこそが私たちの想う諏訪はひとつです。
そして地域と広域の連携の輪を広げるためには、多くのメンバーが必要です。一人でも多くの同志を集めるためには私たちの活動を認知していただくことが重要となりますが、私たちが思っているほど認知されていないのが現状です。
 メンバー数の拡大と私たちの想う諏訪はひとつを目指していくためには、まず私たちはどのような団体で、何を目的として活動をしているのかを諏訪圏域住民の方々に認知していただく必要があります。そのためには新たな手法で諏訪圏青年会議所の魅力を伝える活動を行ってまいります。そして興味を持っていただいたうえで、想いを共感していただける方に入会していただきます。ただ人数確保のための会員拡大ではなく、未来へ繋げる人財との出会いを大切にします。またメンバー一人ひとりが諏訪圏青年会議所のあり方を改めて再認識することで、より意識が高まり、その熱い想いが更なる会員拡大へと繋がります。
 当委員会は諏訪圏域の明るい未来を実現するために向上心と情熱の「向情心」を持って活動をリードしていきます。

事業計画

  実施時期
1.会員拡大の調査・研究・実施 2月~7月
2.会員拡大キックオフ事業 2月
3.地域活性化事業への参加・協力 1月~11月
4.諏訪圏域住民との交流事業 6月
5.準会員セミナーの実施 8月、10月

その他・依頼・協力・引率事項

  実施時期
1.各種団体の窓口 随時
copyright(c)2012 Junior Chamber international Suwa All Rights Reserved.