まちづくりひとづくり委員会 基本方針

現在、日本には人口減少という避けられない問題が存在し、それに伴い私たちの暮らす諏訪圏域も、税収・労働力・獲得外貨の減少など緊迫した問題に直面しております。しかし日本全体を見渡してみると、その地域ならではの「独自性のある魅力」を十分に活用し、それらの問題を克服している地域が多く存在します。諏訪圏には大自然や産業など「目に見える魅力」に加え、歴史や文化に裏付けされた「目に見えない魅力」が存在しますが、現状の観光客数の推移を見る限り、それらの魅力を十分に認識し、諏訪圏域外に効果的に発信できているとは言い切れないのではないでしょうか。
当委員会では、諏訪圏の魅力を改めて見つめ直すことによって、独自性を明確にし、圏域内外へ積極的に発信していきます。まずは、圏域内における「目に見える魅力」を明らかにし、その魅力の背景にある歴史や文化を書物や伝承から紐解き文章化することで「目に見えない魅力」を融合させます。その上で、圏域外からみた魅力との認識のずれや、他地域と比較しての強み・弱みについて多面的に捉えることによって、諏訪圏域にしかない「独自性のある魅力」を再認識し、圏域内外に情報発信することで、広く認知してもらいます。
これにより、地域住民がより一層ふるさとに誇りと愛着を持ち、積極的に発信を続ける人財が増えていくことで、諏訪圏域が大きな魅力の集積地として充分に認識されることを目指し、さらに観光客や移住者が継続的に増加し続ける未来ある地域を創造します。

事業計画

  実施時期
1.第180回例会 4月
2.第184回例会 9月
3.独自性のある魅力の調査・研究・実施 5月~8月

その他・依頼・協力・引率事項

  実施時期
1.全国大会への引率 5月~10月
copyright(c)2012 Junior Chamber international Suwa All Rights Reserved.