20周年特別委員会 基本方針

 2001年に(社)諏訪圏青年会議所が設立して20周年を迎えます。「諏訪はひとつ」から目的意識を一致させる為2005年に「三誓」を提言し、6市町村を「共通のふるさと」として認識し活動・運動、2010年に「運動指針」、2015年には「行動指針」の策定をし先輩方が築き上げてきた想いの継承をしてきました。しかし時代が変わりゆく中で(公社)諏訪圏青年会議所の役割も変化し歴史や創始の想いの継承が薄れてきている中、「今」を創ってきた先輩方、そして「今」を活動している現役メンバーは「今」を見てどう感じているのでしょうか。そして地域住民はどのように我々(公社)諏訪圏青年会議所を見ているのでしょう。存在や活動を知っているのは一部の地域住民であるということを真摯に受け止めるべきです。そして、その問題点の一つとして「発信の仕方」について考えていくべきではないのかと感じています。
 20周年記念式典並びに記念祝賀会ではご来賓の皆様や先輩方・各地会員会議所の同志に対し日頃の感謝と敬意を込め諏訪圏ならではのおもてなしをし、参加者の心に残るよう設営を致します。そして2025年までの(公社)諏訪圏青年会議所としてのビジョンを見いだす為に「ふるきをたずねて新しきを知る」ことに着目し何を行っていかなければならないのか調査研究し続けて、考え模索していきます。
 (公社)諏訪圏青年会議所全体として「発信の仕方」を工夫することにより、地域住民への「知名度」と「認知度」が上がり「理解度」が上がります。そうすることにより、「今」よりも、もっと頼りにされる団体へと変貌を遂げていくでしょう。これからを考えていく上で私たちは、「知名度」「認知度」「理解度」の向上を2025年までのビジョンとします。

事業計画

  実施時期
1.20周年記念式典 4月

その他・依頼・協力・引率事項

  実施時期
1.諏訪圏青年会議所の方向性の調査・研究・実施 1月~10月
2.20周年記念祝賀会 4月
copyright(c)2012 Junior Chamber international Suwa All Rights Reserved.